ホーチミンからダナンまで27時間の大移動!トラブル発生で現地ベトナム人にブチギレ、、、。

未分類

こんばんわ。

 

世界一周美容師HIKARI(hikari_1111m)です。

今日もお腹の調子は悪いです。

ストレスですかね。

 

ホーチミンでの楽しくない三日間がやっと終わりました。

バスターミナルに行き、午後5時半発のホーチミンからダナンまでバスで20時間の大移動をします。

さっさとこの街から出たい、その気持ちしかありません。

 

 

朝起きてパッキングをし、11時にチェックアウトをしました。

バスの時間まで時間があるのでリビングでブログ書いたり色々調べものをして

少し余裕を持って2時過ぎにホステルを出ました。

 

 

今回のホステルは路地裏にあったのでこんな感じの人気のない小道を通ってご飯食べに行っていました。

昼であってもひったくりなどが怖かったです。

治安が悪いのか泊まっていたホステルも夜10時になると二重式の厳重な門でドアをロックしていました。

バイクも外ではなくリビングの中に置いていました。

盗まれちゃうんですかね。

 

 

初日でGrabの調子が悪かったんですが色々いじってたらちゃんとベトナム仕様になって、使えるようになったので安心のGrabでバスターミナルまで向かいます。

40分程で到着。

500円程でした。

初日のぼったくりタクシーは30分の距離で4300円請求してきましたからね。

 

 

こんな感じでした。

中に入ります。

 

 

バスのチケットカウンターが沢山ありました。

私のバスのバウチャーには、バスターミナルでバウチャーをチケットカウンターでチケットに交換するように書かれていました。

それが終わったらここからタクシーで5分程の場所に行ってバスのスタッフにピックアップしてもらうことになっています。

 

 

ここ73番でと指定されていたのでバウチャーをカウンターのスタッフに差し出しました。

無事チケットと交換することができました。

するとこのスタッフが

”じゃあ5時になったらもう一度ここに来て。”

、、、え?でもバウチャーにはピックアップ場所まで来るように書いてたけど、、。

それを言うと、とにかくここで待つように言われました。

もうよく分からなかったので言われた通り待つことにしました。

5時までまだ時間があったのでターミナルをウロウロしてみました。

 

 

売店を発見しました。

ここでバスの中で食べるものを買おう。

ご飯が一応ついているバスなんですが何時とは書いていなかったので念のためです。

 

 

中身が何なのか分からないパンを買いました。

70円位でした。

 

 

ジュースも100円位で買いました。

安いですね。

 

 

ベンチで座ってただひたすら待ちます。

今回は20時間の長時間移動で充電がなくなるのが心配なので、スマホなどはあんまりいじらないで待ちました。

 

 

5時になりさっきのカウンターに行き、まだ待った方が良いか聞きに行きました。

するとあと15分待つように言われました。

そして15分経ちまた言いに行きました。

更に5分待つように言われました。

バスの出発は5時半。

不安になってきました。

すると5分後バスの乗務員らしき男性がベトナム語で何か叫んでいました。

チケットを見せ、このバスか聞くとそうだとうなずき、そのまま誘導されました。

 

 

皆に着いていきます。

先頭にいる黄色い人がこのバスのドライバーらしい。

 

 

バスに乗る前にフロントガラスに表示されている行き先を見て、急に不安になりました。

ハノイと書いてあります、、、。

 

もしかして、間違ってないよね、、、?

 

ドライバーにチケットを見せ、ハノイになってるけど合ってるよね?ちゃんとダナン行きだよね?と何度もしつこいくらい確認しました。

しかしこのドライバーはじめ他の乗務員も英語が全く話せません。

イエスやノーすら分からないようでした。

私のダナン行きと書いてるチケットを指さして見せて、ちゃんと大丈夫なのか合っているのかどうか何度も聞きました。

するとそのドライバーはうなずき、大丈夫だからバスに乗れとジェスチャーしてきました。

 

、、、まぁ最終地点がハノイって事なんだろうな。

 

私はそう解釈しました。

実際ダナンの先には首都ハノイがある事を知っていたので。

ダナン経由のバスなんだろうと思いました。

何度も何度も確認したしドライバーも大丈夫と言っているし、とりあえず出発時間になっていたし大丈夫だろうと、言われるがままにバスに乗り込みました。

 

 

このバスは3列シートのスリーピングバスでした。

背もたれも結構倒れるので寝やすかったです。

 

 

バスが走り出しました。

他に6人くらいの乗客がいました。

そのうち外国人は私だけ。

後は皆乗務員ドライバー含め現地の人達でした。

 

 

2時間ほど走った所でバスが停車しました。

休憩のようです。

乗務員も何も言わず、でも私以外の乗客は地元民だから慣れているようで皆サッサとバスから出ていきました。

、、、何分休憩なんだろう。

 

 

夜ご飯食べている人もいました。

お金を払っていたのでどうやらここでの食事は有料なようです。

バス代に含まれているご飯は朝ごはんかな?

見た感じ衛生的じゃないしお腹が心配なので私は食べないでおきました。

このバスにはトイレもついていませんでしたし、次いつトイレ休憩があるかもわからなかったので。

 

そして30分ほど休憩してまたバスは出発しました。

途中何回か止まって他の乗客を乗せていました。

その他にも少し走ってはバスを止め、道路沿いにあるお店の現地人達から段ボールの荷物を受け取ってお金を徴収したりしていました。

30分に一回は止まっていましたね。

輸送車的な感じなんでしょうか?

分かりませんが、、、。

 

辺りももう夜暗くなってきて11過ぎました。

バスの中も電気が消えて真っ暗です。

寝ようとしましたが、クラクションの音が尋常じゃないくらいうるさい、、、。

なんでそんなに何度もクラクションを鳴らす必要があるのか分かりませんが、うるさすぎて寝れないので耳栓をしましたが無駄でした。

耳栓を突き抜けるほどの爆音でした。

もうどうでもいいやと思い目をつぶってじっとしていたら、

斜め前のベトナム人のおばちゃんが電話で大声で話し始めました。

 

、、、あ~もう!うるっさいな(*_*;

 

大声じゃなくてもはや叫ぶくらいの声量で、しかもスマホをハンズフリーにして話していました。

中国人のおばちゃんよりレベル高かった。

どっからその声出てくるんだよってくらいの声量で早口。

耳障りでしょうがありません。

周りに配慮するって事を知らないんでしょうか。

国民性でしょうか。

日本人の私には全く理解ができません。

とにかく大迷惑でした。

 

 

結局ほぼ一睡もできないまま朝になりました。

2度目の休憩です。

疲れた、、、( ;∀;)

 

 

トイレから戻ってくると私以外の乗客は皆先に朝ご飯を食べていました。

これバスについてる朝食かな?

分かりませんが誰一人として教えてくれる人はいません。

なので適当にテーブルに座りました。

 

 

衛生面が心配になる見た目のお店でした。

ベトナム初日からお腹壊しているので怖くてしょうがない、、、。

 

 

座っていたらフォーが出てきました。

ベトナムに来て4日目にして初めてフォーを食べました。

味はお腹に優しい感じで普通に美味しかったです。

野菜は怖いので食べませんでした。

 

そして休憩が終わりまたバスは走り始めました。

相変わらずうるさいクラクションと耳障りなおばちゃんの声量にイラつきながらも、

また休憩の為バスは停車しました。

時間は12時頃でした。

 

 

私がトイレに行って戻ってくると

また私以外の乗客は皆先にテーブルを囲んでご飯を食べていました。

誰か一人くらい教えてくれてもいいのに、、、。

乗務員とかも完全無視です。

てかこれもバスについてるご飯?

分かりませんが皆食べているのでそうでしょう。

男女に分かれていて私はおじさんグループの席しかあいてなかったので、おじさんに囲まれご飯を食べました。

おかずを皆でシェアする感じだったので誰も箸で突っついていなそうなところから、自分が食べる量を素早くお皿にとりわけその後はお代わりなどしませんでした。

私は普段あんまりそういうことは気にするタイプではないんですが、

他人(ベトナム人)が突っついたところなんて絶対食べたくありません。

もう完全にベトナム人を信用していないからです。

 

 

売店がありました。

見るだけです。

値段も書いていないので買いませんでした。

 

そして休憩が終わり、バスに乗り込みまた走り始めました。

時刻は午後1時前。

1時50分到着予定です。

グーグルマップを開き現在地を確認したかったんですが

電波が繋がらず現在地が分かりませんでした。

 

、、、今どの辺なんだろう。

 

ちょっと心配になってきました。

その後も何度もグーグルマップを開きやっとで現在地が分かりました。

私が思っていたよりは全然目的地のダナンまで距離がありました。

このペースだと予定より2時間以上は余裕で押します。

 

でも想定内です。

ここはベトナムですし、日本のように時間が正確なわけはありません。

それにホーチミンを出発してから多分50回くらいは道路脇の商店(?)に止まり荷物を積んだり出したりやりとりしてましたから。

時間通りに着くはずがありません。

まぁこんなこともあるよねと、焦ってもしょうがないのでぼーっと景色を見たりしていました。

 

そして2時間ほど経ってまたGoogleマップを開きました。

するともうあと距離的に30分ほどでダナンに着きそうでした。

出る準備をして、じっと待ちました。

でも途中でなぜかGoogleマップが見れなくなりました。

 

、、、電波が悪いのかな?

 

でも運転手にあれだけダナンって言ったし、私の他にも降りる乗客はいるだろうから大丈夫だろうと思っていました。

そう思っていたんです、、、。

完全に安心していました、、、、。

 

バスはそこから30分以上走り続けました。

Googleマップがまだ見れないので現在地が分かりません。

でもバスはノンストップで進むしダナンに着いた気配は全くありません。

もしかしたら遅れているのかもと思いました。

もう外は日も落ちて真っ暗になっていました。

時間は午後6時。

昨日バスに乗ってから25時間が経過していました。

ほとんど寝れなかったのでかなり疲れていましたが後少しの我慢です。

 

そしてまた20分ほどしてGoogleマップが反応したので見てみました。

 

 

、、、、、、、、えっ?

、、、、、、、、、、、、うそでしょ?!

 

 

私はマップを見て驚きました。

 

なんと、、、!!

バスはとっくにダナンを通過していたんです、、、、!!!!

 

 

、、、、、、、やばいやばいやばいやばい。

 

かなり焦り隣のおじさんに私のダナン行きのチケットを見せ

”ダナン!?”

と聞くと(この乗客は皆英語が通じませんでした、、、。)

首を横に振り、違うとジェスチャーしてきました。

そしてベトナム語を話しながらバスの進行方向とは逆の方を指さしました。

どうやらもうダナンは過ぎたと言っているようです。

 

、、、、、あり得ない。

 

私はすぐにドライバーの方に行き、

”ダナンもう過ぎたの!?私ダナンで降りたかったんだけど!、、、だから!ダナン!!”

英語も伝わらないのは分かっていたので、ダナンダナンと連呼しました。

他の乗客が私の焦りようを見て、クスクス笑っていました。

 

、、、何笑ってんだよ。おんなじ状況になってみろくそが。

 

するとこのドライバー、ベトナム語を話しながらちょっと待てとジェスチャーしてきました。

するといきなりバスは停車し、ここで降りるように言われました。

 

、、、、なんで?

 

降りるとそこは高速道路に入る手前で料金所のみがありました。

大きな国道で、周りは街灯もほとんどなく木が生い茂っていました。

お店など1件もありません。

遠くを見ても街っぽい明かりも見当たりません。

 

、、、絶望的な状況です。

どうしよう、、、。

 

周りに何もない暗闇の道路沿いに、唯一1件だけ家があってその前にタクシーが止まっていました。

ドライバーは走りながらそのタクシーに

”タクシー!!!”

と手を振りながら叫び近寄っていきました。

 

、、、何やってんのこいつ?もしかしてここから自力でタクシーで戻れって事?

 

私もそのタクシーに近づきました。

しかしそこには運転手は乗っていませんでした。

するとバスのドライバーはちょっと困った表情をしつつ、1件だけあるその家を指さしました。

ベトナム語なので何て言ってるかは分かりませんでしたが、この状況を考える限り

私にこの家の人に助け求めろとか聞いて来いとかそんな感じだと察しました。

 

、、、、ふざけるな。

 

私の中の怒りが頂点に達しました。

あまりにも無責任でずさんな対応に。

そして私はなりふり構わず、日本語でドライバーに怒鳴りつけてこう言いました。

 

”私バスに乗る前に何回もダナンに行くよね?って確認したよね!?大丈夫だって言ってたじゃん!!なんでダナンで下ろしてくれなかったの!?こんなとこで下ろされてどうすればいいの!?野宿しろって言ってんの!?あの家に聞けじゃねーよバカ!!どうにかしてよ!!タクシーも無理なんだから今からバスでダナンに戻ってよ!!私はちゃんとダナン行きのチケット買ったの!!何回もチケット見せたでしょ!?”

 

かなり感情的になってしまいました。

私は大声で他人に怒鳴るなんて事普段絶対にしません。

むしろそういう人が嫌いなので。

ですがもうさすがに我慢出来ませんでした。

 

そしてこのドライバーに分かってほしかったんです。

こんな真っ暗な何もない電波もない場所でいきなり下ろされて、どれだけ私が焦っていて怒っているのか。

言葉も通じない、土地勘もない私が、あの家に行ったところでどうしろっていうんでしょうか。

 

キレ狂ってる私をなだめるように、

ドライバーはまぁまぁ(;・∀・)ノ”みたいなジェスチャーをしてきました。

そして急に道路の真ん中に向かって手を振り歩いていきました。

どうやらヒッチハイクをしているようです。

 

、、、、はぁ。もうどうしたらいいの。

 

そして数分後一台の大型バスが止まりました。

ドライバーは止まったバスに走っていき、そのバスの乗務員に何か話した後自分のポケットからお金を渡していました。

そして私にこれに乗れと言ってきました。

でも簡単には信用できません。

その乗務員に私のダナン行きのチケットを見せ、ダナンに行ってくれるか聞くと

行くという。

 

良かった、、、。

 

振り返るともうあのクソドライバーはさっさとバスに戻って行ってしまいました。

謝るなりしてけよ、、、。

 

そして私はバスに乗り込みました。

満員だったので勿論私の席はありません。

空いている通路に座りました。

 

なんでこんな思いしなきゃいけないんだろう、、、。

 

そしてバスは30分ほど走って、急に止まりました。

ここで降りろという。

降りるとそこはまたしても何もない大きい道路の十字路で信号があるだけ。

信号とわずかな街灯があるのみ。

もしここがダナンなのであれば建物やお店があるはずです。

でも今度は周りを見渡しても家すらなく、あるのは道路脇に生えた木のみです。

 

嘘でしょ、、、、?

ここ絶対ダナンじゃないじゃん、、、、。

 

すると乗務員が反対側の道路に走っていき、

”タクシー!!”

と手を振り叫んでいました。

見るとそこには何もない道路の脇でタクシー1台、普通の乗用車1台、バイク2台の集団がいました。

今度はそれぞれにドライバーもいました。

 

私はてっきりダナンまで行くバスを捕まえてくれたんだと思っていました。

あのクソドライバーもちゃんとお金を渡していましたし。

ですが、私の期待は大きく外れました。

 

その乗務員はドライバーたちに何か状況を説明しているようでした。

すると話終わり、じゃ!とさっさと行ってしまいました。

私が愕然としているとその内の一人が英語で話しかけてきました。

 

”どこに行きたいんだ?”

 

、、、良かった!通じる!

 

ダナンのホステルまで行きたいとホステルの住所を見せました。

すると分かったようで大丈夫だと言われました。

そして私は、肝心な料金を恐る恐る聞きました。

”いくらですか、、、?”

するとこの運転手、

”5000000ドン(2340円)だ。”

 

高い、、、、。

でもこの時点で私は自分が今どこにいるのか把握できないでいました。

電波が無いのでGoogleマップの現在地が見れなかったんです。

なので目的地までどのくらいの距離なのか分からず、タクシーの相場も読めません。

でも直感でぼられている気がしました。

 

なのでこの運転手にもう少し安くしてほしいとお願いしました。

事情を説明しバスの不手際のせいでこんなことになっていると、とても困っているんだと。

すると渋りつつも、何回もお願いしたら4000000ドン(1870円)でいいとのことで交渉が成立しました。

きっとぼったくり価格だろうなと思いましたが、この運転手を逃すと私はもうホステルに向かう手段がありません。

電波が無いのでGrabも呼べないし、ここに下ろされて30分ほど経つのに一台も車が通らないほどの田舎です。

ヒッチハイクか野宿しかありません。

それだけはどうしても避けたかったので、選択肢がこの運転手しかありませんでした。

 

車のトランクにバックパックを入れ車に乗り込み走り出しました。

車内では英語で話せるのに運転手も私も話すことなく無言、、、、。

運転手は、運転することに徹していました。

きっとそれ以上私に興味がなかったんでしょう。

気を遣って話さないでいるような感じでもなかったので。

私も目的地にさえ着いてくれればいいので、逆に良かったです。

 

そして車は30分程走って目的地のダナンのホステルに到着しました。

もはやホーチミンを出てから27時間が経っていました、、、。

すぐにチェックインをし、部屋に入り重いバックパックを下ろし電波を確保しました。

 

 

ベッドに腰かけ色々考えました。

やっぱり私の思った通りさっきのドライバーはぼったくり金額でした。

飛ばして走った訳でもなく普通に運転して30分だとGrabでも500円以下です。

 

困っている外国人にこんな扱い、、、。

あの運転手は心が痛まないんでしょうか。

あんな場所でバスから降ろされ途方に暮れ困っている外国人から、通常よりも高額なタクシー代を請求したことを、、、。

助けてあげる代わりに金出せという事でしょうか、、、。

 

同じバスに乗っていた乗客からは笑われ、

ドライバーのミスのせいでたらい回しにされ、

挙句ボッタクられ無駄な出費をさせられ、

最後まで嫌な思いをさせられ、、、。

 

悔しくて泣きました。

何でこんな思いさせられないといけないんだろう。

そしてものすごく悲しく残念な気持ちになりました。

このベトナムという国の国民性に。

 

今までの6カ国、道に迷ったり体調崩したりトラブルは沢山ありました。

でもフィリピン、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カンボジア

どの国でも現地の人が優しく親切にしてくれたので何とかなっていました。

もしかしたら私は今まですっごくラッキーだったんだと思います。

良い人に恵まれていたんだと思います。

 

旅をしているといいことばかりだと思っていました。

自由だし楽しいし色んな文化や人に出会えるし。

でも良い人ばかりじゃない、そう思いました。

人の弱みに付け込んでだましてきたり、自分の事じゃないから困っている人がいても知らんぷり。

そんな人沢山いるんだと。

 

そして私は誓いました。

日本に帰ったら絶対に外国人に同じ思いはさせないと。

困っていたら自分ができる範囲の全力で手を差し伸べようと。

見返りなどそんなもの一切いりません。

どれだけ不安か心細いか私には分かるからです。

言葉も文化も違う国でトラブルが起き親切にしてもらえることが、どれだけありがたいと感じる事か分かるからです。

 

今回の事で私は学びました。

逆にベトナム人にお礼を言いたいくらいです。

そして私はこの国を出たら、もうしばらくこの国を訪れることはないでしょうね。

 

ダナンでの滞在は14~20日。

ダナンは海が綺麗とのことだったのでたまにはリゾートもいいかなと、海から歩いて3分のところにあるホステルにしました。

ダナン周辺は世界遺産もあって素晴らしい場所らしいんです。

あそこ行こうここも行こうと色々計画してました。

でも今の私はこれまでの国の時とは違って、どこかに行こうとかこの国を知りたいとかワクワクするような気分にはなれません。

ベトナムに来てから体調も思わしくないのでホステルでゆっくりすることが多くなると思います。

 

とにかくもう寝よ、、、。

 

では、、、。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます^^☆

これから世界一周の様子や旅の情報を沢山の方とシェアしたいです!!

下のボタンをクリックするとランキングが上がり、私のブログが沢山の方の目に留まることになります!

親切な心優しい方、、、お願いします、、、クリックを(ノД`)・゜・。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

コメント