タイと日本のドラッグストアはこんなにも違う!

9カ国目 タイ(チェンマイ)

サワディカー!

 

世界一周美容師HIKARI(hikari_1111m)です!

 

チェンマイの街を歩いているとドラッグストアをよく見かけるんですが、

美容大国タイならではの日本との違いが結構あって面白かったので

今日はそれについて書いていきたいと思います!

 

まず日本のドラッグストアは化粧品や日用品など品揃え豊富ですよね。

タイのドラッグストアも同じような感じなんですけど、

最大の違い!

それは、、、

美容室専売品が当たり前のように沢山売られていること!

日本でもたまに売ってたりしますが、そんなに多くはないですよね。

でもチェンマイのドラッグストアはその商品の品揃えの多さから全然日本とは違うんです!

 

 

こんな感じです!

左側は美容師が使うようなプロ用のブラシやコーム(くし)が何種類も売られています。

少し前にチャンマイの美容室専用の材料屋さんに行ってきましたが、

わざわざ行かなくてもドラッグストアにあるのよこれがまた( ゚Д゚)

日本ではこんなに種類はないですね。

アマゾンなどの通販では気軽に売られるようになってきましたけどね。

 

 

続いて業務用シャンプー!

これも前回の材料屋さんで発見したものと同じように、プロ用だと思われます。

値段は1リットル~31バーツ(112円)という破格の安さです。

私もこれに似たシャンプーを買って今使っているんですが別に悪くはないです。

ただやっぱり値段に比例して泡立ちが少し弱いですね。

でもコスパを考えると全然ありです!

 

 

シャンプーは大体1リットル~

業務用サイズが多かったです。

勿論、日本で買うようなサイズも沢山売っていましたよ!

 

 

トリートメントも材料屋さんで見つけたものが沢山売っていました。

勿論市販のトリートメントも売っていましたが値段はそんなに変わりません。

それなら断然美容室専売品を買った方が良いですね。

 

 

市販のカラー剤も豊富にありました。

見るのに集中しちゃってあんまり写真撮っていませんでしたが、

もっとかなりの量、種類がありました!

日本のドラッグストアの市販カラー剤コーナーの3倍位。

 

 

市販のカラー剤コーナーの隣に美容室で使うカラー剤がこんな感じで

当たり前のように沢山売られていました( ゚Д゚)!

 

 

シザーはこんな感じで売られていました。

99バーツ(359円)と激安です!

 

 

一通り見て二階に上がると、

なんと美容室で使う器具たちがずらーっと並べて売られていました!!

 

ここ本当にドラッグストアだよね、、、?(;゚Д゚)

 

 

道具を入れるワゴンもあります。

 

 

あっこれは日本の物と同じタイプのローラーボール(頭を温めるやつ)ですね。

 

 

シャンプー台も。

 

 

これもシャンプー台。

なんかこっちのほうが綺麗。

 

 

イスも色んな種類があります!

手前の黒いイスは頭を支えるのがついてるけど絶対施術中邪魔でしょ(;゚Д゚)

なんのためにあるんだろう。

 

 

どれにしようかな~

 

 

見るだけだけどね😂

 

 

某ハイブランドの柄のイス!

 

 

そしてまた一階に降りて色々見ていると

アイロンやコテやドライヤーコーナーがありました!

そして実際に気になった商品を試すことができるスペースも。

これも初めて見た(;゚Д゚)

私は日本のドラッグストアでは見かけたことがありません。

もしかしてある、、、?

 

 

ちょっとタイ産のコテを実際に使ってみました!

 

 

これです。

見た目は普通のコテと変わりませんな。

温度は210度まででした。

店員さんがマックスまで温度上げて渡してくれたんだけど、

高すぎるので180度に下げて使うことにしました。

 

 

では巻いていきます。

 

、、、、なんか持ち手も部分がくるくる回ってめっちゃ巻きづらい(ノД`)・゜・。

そして店員さんがずっと横で私が髪を巻いている様を見ていました。w

 

 

完成~!

使いづらかったけどこれは見た目じゃ分からない事だったので実際に試してみて良かったです。

購入する側からしたら買った後でしか分からない不安な部分をその場で解消できるのでこれはいいですね。

ちなみにコテの他にドライヤーやアイロンも試すことができます。

今回私は自分で巻き巻きしましたが、店員さんにやってもらうこともできるようです。

それで使ってみて良かったら購入、という流れでした。

 

タイのドラッグストアって、

美容に関する商品なら何でも売っていますよ~って感じで見ていて本当に面白いですね。

カラー剤も日本だと一般の方は中々手に入れることが難しい商品ばかりですが、

普通に売っているのがびっくりです。

って言っても最近は通販サイトとかで、美容室専売品の物は一般の方でも簡単に手に入れることができる時代になってきましたね。

私はこれに関しては別に良いんじゃないのって感じですね。

 

思うんですけど、どんな商品もネットで簡単に手に入れる事が出来てしまう時代の変化は止められないし、

お客さんだって髪に良くない事は分かった上で市販のカラー剤を使ってる人がほとんどだと思いますし。

それはきっと美容室で染めるより安いし家で気軽に早く染めれるからつい使ってしまうんですよね。

とってもよく分かります。

私がまだ美容師になる前の10代の頃とかは、知識がなかったので同じ感じで髪の毛痛めつけまくってきましたから。

市販のカラー剤(しかもブリーチ)で家で染めて市販のストレートパーマ自分でしたりしてましたし。

やばいでしょ?w

あの時の美容師さんはさぞかし大変だったことでしょう。

 

もし日本のドラッグストアに市販カラー剤の隣に普通にプロ専用カラー剤が売っていたらどっちを買う?

 

私だったら迷わずプロ用を選びますね。

私が美容師だからってのもありますが、もし知識がない状態だとしても美容室で使ってるものと同じものと分かれば髪のダメージも気になるし確実にそうします。

そして市販のカラー剤よりも分かりやすい説明書付きであると最高だし少し高くても多分買います。

実際市販のカラー剤を使ったとしても、プロ用カラー剤を使ったとしても、

知識や技術がない状態で髪を染めたらどっちにしろムラになったり失敗するんですよ。

なので本当は美容室に行ってちゃんとプロにやってもらって欲しいんですけどね(@_@。

 

・忙しくて美容室に行く時間がない

・そもそも美容室が嫌い&苦痛

・髪にお金をかけられないorかけたくない

とかこの辺が市販のカラー剤を使う理由として多いと思います。

人のライフスタイルや価値観って他人が変えることはできないし、

セルフカラーをする人はなくならないしむしろこれから増えていくと思う。

 

もし市販のカラー剤じゃなくてプロ用カラー剤を使ってくれてたら、たとえお客さんが家で失敗してしまっても対処法が増えるしパーマや縮毛矯正したいとなっても許容範囲がかなり広くなるし、美容師的にはありがたい。

お客さん的にも髪のダメージを抑えながら染めることができるし、今後他の施術をしたい時にできる事の幅が広がりますしね。

お互いにメリットがあるし悪循環が解消されると思うんですよね。

だから私は、

日本でも気軽に一般の方が美容室専売品を買えるようになったらもっと美容を楽しむことができるし良いんじゃないの?

って感じですね。

 

ちなみにここのドラッグストアのスペースの一角にセット面と簡易シャンプー台が設置されていて、

店員さんがモデルさんを使ってお店に置いている商品を実際に使ってカラーしてる実演販売があってまじでびっくりしました。

すごく良いアイデアってか、実際使ってるところを生で見た方が購買意欲わいてきますよね。

日本でこれをやると美容師法に引っかかってしまったりできないことが大半でしょうけど。

そう考えると日本の美容師法は本当に無駄に制限があるものばかりだな~(ノД`)・゜・。

美容師の未来やチャンスを潰してるものの一つだと私は思います。

もっと目を向けるべきこととか重要視することは沢山あるはずなのにね。

海外と日本の美容の違いを知ると今まで見えなかったことが見えてきたり

それについて考えたり新しい発見が沢山あって面白い。

これからも沢山発信していこう🧐

 

 

 

ではっ!

 

 

久々に髪を巻いてルンルンで市場で買ったオレンジジュースを飲むHIKARI🤪(旅にコテを持ってきていないので)

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでもらいありがとうございます♪

世界一周ランキングに参加してます!

旅して感じた事や体験したことを沢山の方とシェアしたいです^^

私のブログを見て何かを感じてもらったり、

少しでもいいなと思ったらクリックお願いします( *´艸`)♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

コメント